アイスを利用された、生徒さんの体験談

小林 由里江 さん

小林 由里江 さん

ワーキングホリデー
語学学校:VIC

Q:カナダに来た時の第一印象を教えてください。

小林 由里江 さんまるで映画の世界のようですべてのものに感動したことを覚えています。それと同時に期待と不安が入り混じった感情があり早くカナダの生活に慣れ、たくさん新しいことを吸収したい気持ちでいっぱいだったことを覚えています。

Q:どちらの語学学校へ通われていましたか。またどれくらいの期間、通われていましたか。

VIC を3か月間

Q:受講されていた学校の様子や授業の様子を教えてください。

小林 由里江 さん生徒みんなが明るく積極的な子が多かったです。私が受けたクラスの中で一番、発音のクラスが今でも仕事をする上で助けになっています。日本人にとって、いかにネイティブの発音に近づくことができるかということが課題であると思うからです。

Q:お仕事はどのようにして探しましたか。

興味のある店に足を運び、直接オーナーに履歴書を配り歩きました。

Q:こちらの職場が決まるまでに、どれくらいの時間がかかりましたか。

約2週間です。

Q:どれくらいの期間、どのようなお仕事をされていましたか。またどのような方達とお仕事をされていましたか。例)日本食レストランでサーバー、現地のカフェなど

現地のカフェでカナディアンと私と同じワーホリできているロシア人と日本人です。

Q:日本とカナダとの働き方の違いはどのような所だと感じましたか。

小林 由里江 さん自分の仕事はきちんとこなしているうえに、とても楽しく人と関わりながら仕事をしているところです。日本ではとても上下関係が厳しいのに対し、こんなにもフリーに楽しみながら会話して仕事ができるとは思っていませんでした。

Q:現地でお仕事をしてみて大変だった事はありますか。

仕事を初めた頃、まったくと言っていいほどカナディアンの英語が聞き取れなかったことです。とても辛く、
自分の実力のなさに落ち込む日々でしたが、徐々に意識していくうちに自然と耳に入って来るようになり今では、お客さんと会話までできるようになりました。

Q:日本帰国後の予定は決まっていますか。また今回の留学を経て、今後どのような取り組みをしていきたいと思いますか。

小林 由里江 さん帰国したすぐに韓国へ短期英語留学にいきます。実際カナダにはたくさんの日本人が留学に来ていてなかなか日本語抜きの生活は難しいと感じていました。そこで、もともと韓国に興味を持っていたのを理由に、カナダでできた韓国人の友達に手伝ってもらい現地の英語の学校に通うことに決めました。そして、自分でシェアハウスを探し、アメリカやフランスなど各国から韓国へ留学にきている人たちと暮らすため完全に英語環境になるので観光を含めて、また新たな挑戦をしていきます。

Q:ワーホリ、留学を振り返っての感想を聞かせて下さい。

小林 由里江 さん語学学校に通っていた3か月は友達もたくさんでき、いろんな観光地をまわり楽しい思い出をたくさんできました。しかし、仕事を始めてからたくさんの壁にぶつかり、正直日本に帰りたくなった時期もありました。けれど、仕事上で出会った先輩や周りのビルのビジネスマンのお客さんと仲良くなるにつれて、英語でこんなにもたくさんの人と会話することができ、日本人にはない暖かい人間関係を築くことができました。この経験は一生私の人生の糧となると思います。

Q:弊社のサポートに関しての感想を聞かせてください。

毎回たくさんの相談に乗っていただき私のカナダ生活の大きな支えとなりました。とても感謝しています。

Q:今後留学される方に対して、何かアドバイスがありましたらお願いします。

小林 由里江 さん留学は自分の知らない地で自分の想像してもみなかった事が起こったり、時に大きな壁にぶち当たることが
あります。それによって自分を大きく成長させることができるそんな貴重なチャンスであると私は思います。もちろん楽しいこと、現地でしか体験できないことたくさんあります。
一生にできるかできないかのこの貴重な留学の時間をぜひ自分のモノにして、一回り二回り大きくなって帰国できるように頑張ってください。

相澤 桐子 さん

相澤 桐子 さん

ワーキングホリデー
語学学校:GEOS

Q:カナダに来た時の第一印象を教えてください。

相澤 桐子 さん私がカナダのバンクーバーに着いたのが1月の半ばでした。
その時はほんとに雨ばかりの毎日で あ!雪じゃなくて雨ばかりの町なんだなぁ。。
と思いました。
あとはダウンタウンはとても人も多くて都会なイメージでしたが少し離れると自然が沢山あって落ち着いた雰囲気の素敵な街だと思いました。バスを待っているだけで立ち話が始まったりとても人との距離が近いなとも感じました。

Q:どちらの語学学校へ通われていましたか。またどれくらいの期間、通われていましたか。

Sprachcaffe GEOS Vancouver校に3か月間通っていました。

Q:受講されていた学校の様子や授業の様子を教えてください。

相澤 桐子 さん私が通っていた学校はとても規模が小さく一クラスの生徒が多くても6人とかだったので
先生との距離がとても近かったです。
他の国籍の生徒さんもいい具合に交じり合っていて英語を話せる機会が沢山あってとてもいい環境でした。
授業中も先生が親身になって教えてくれたり冗談を言ってくれて雰囲気を和ませてくれる時も多々あったりととても楽しく勉強することができました。

Q:お仕事はどのようにして探しましたか。

JPcanadaというサイトを利用させていただきました。

Q:こちらの職場が決まるまでに、どれくらいの時間がかかりましたか。

応募をして面接をしてもらって採用が決まるまでは1週間程度でした。

Q:どれくらいの期間、どのようなお仕事をされていましたか。またどのような方達とお仕事をされていましたか。例)日本食レストランでサーバー、現地のカフェなど

相澤 桐子 さん9か月間 移動販売のフードトラックでハンバーガーを売る仕事をしていました。
フードトラックなのでクルマを運転したりもしていました。
会社の経営は日本人の方がしていたので一緒に働いていたのは日本人の方たちでした。

Q:日本とカナダとの働き方の違いはどのような所だと感じましたか。

相澤 桐子 さん日本ではお客様は神様というように、お客様に対してとても丁寧に接客をしますがバンクーバーでは働いてる側とお客様の立場関係がとてもフランクで冗談を言い合ったり世間話をしてみたりとまるで友達のように接してくれるのがとても日本とは違うところだなと感じました。
なので働き方もとてもカジュアルで固くなく楽しく働くことができました。

Q:現地でお仕事をしてみて大変だった事はありますか。

働き始めたころはお金の計算がとても大変でした。
私の場合はクルマの運転もしていたので交通ルールや道が日本とは逆なのでそれらに困惑などもしました。

Q:日本帰国後の予定は決まっていますか。また今回の留学を経て、今後どのような取り組みをしていきたいと思いますか。

日本に帰国後は英語を使う仕事に就きたいと思っています。
企業に就職するのであっても海外とつながりのある部署などに入りたいと思っています。
今回の留学を決して無駄にしないようにこれから先も人との関わりを大切にして、英語を使ってさらにコミュニケーションを沢山の人と取れたらいいなと思っています。

Q:ワーホリ、留学を振り返っての感想を聞かせて下さい。

1年間は長いようでとても短くあっという間に時間が過ぎていきました。
最初の頃は不安で正直毎日帰りたいと思っていましたが、段々英語もわかるようになってきて出来ることも増えとても楽しくなっていきました。
もちろん英語が話せるようになりました!なんて胸張って言えることは絶対にないですがそれでも一生懸命になって英語を話して勉強するのがとても楽しかったです。
1年間という時間をどのように使うかや思うことは人それぞれ絶対に違うと思いますが私はとても充実した毎日で新しい価値観を沢山発見できました。
英語を使っての仕事や普段の生活も日本とは全く違うことがほとんどで。
それらの経験は私の宝物です。
まだまだ学ぶことも沢山あるしやりたいことも沢山なので1年間はとても短いです。
帰るのはとても寂しいけれどここに来たという経験ができたからこそまた更に他の国にも興味が出てきて向上心が生まれました♪なのでこれからも積極的に行動していきたいと思います。

Q:弊社のサポートに関しての感想を聞かせてください。

ICEのスタッフの方たちはいつも親身になって相談の乗ってくれました。
沢山お世話になりました。
もしエージェントを使ってなかったらと思うととても怖いです・・。
いつも笑顔で迎えて下さったり優しく教えてもらったりとてもいいスタッフさんばかりで本当に助かりました。

Q:今後留学される方に対して、何かアドバイスがありましたらお願いします。

やはり英語力は初めにある程度無いと困ることや怖いことが沢山あるので日常会話程度でもいいので勉強してから来た方が自分のためになると思います。
そのほかは自分のやる気次第でいい方向にも悪い方向にも変わるので自分を信じて頑張ってほしいです♪

宇田川 友花 さん

宇田川 友花 さん

ワーキングホリデー
語学学校:GEOS

Q:カナダに来た時の第一印象を教えてください。

宇田川 友花 さんバンクーバーに来てまず思ったことは、色々な国の人がいることです。特にダウンタウンでは移民だけでなく、留学生、ワーホリの人もいるので色々な肌の人がいてびっくりしました。

Q:どちらの語学学校へ通われていましたか。またどれくらいの期間、通われていましたか。

GEOS 5ヶ月半

Q:受講されていた学校の様子や授業の様子を教えてください。

宇田川 友花 さん私が通っていた学校は生徒数が少なかったので先生たちとの距離も近く、授業中皆恥ずかしがらずに発言をしていました。

Q:お仕事はどのようにして探しましたか。

JPCanadaで探しました。

Q:こちらの職場が決まるまでに、どれくらいの時間がかかりましたか。

もう学校も卒業していていつでも働ける状態だったので、一週間以内に決まりました。

Q:どれくらいの期間、どのようなお仕事をされていましたか。またどのような方達とお仕事をされていましたか。例)日本食レストランでサーバー、現地のカフェなど

まだ働いていますが、もう半年たちました。オーガニックにこだわった日本食レストランでサーバーとして働いています。従業人は日本人ですが、お客さんは9割強外国の方です。

Q:日本とカナダとの働き方の違いはどのような所だと感じましたか。

お客さんとの距離が近いということです。日本では「お客様」として接しなければいけませんがこちらではみなフレンドリーで、常連さんなどはちょっとした知り合いみたいになっています。
日本にはない「How are you?」という文化がそうさせているのだと思いました。

Q:現地でお仕事をしてみて大変だった事はありますか。

注文を取る時は大体皆同じような言い方をしているのでさほど困らないのですが、たまに質問や変わった注文をされることがあり、それが知らない単語だと本当に困ります。

Q:日本帰国後の予定は決まっていますか。また今回の留学を経て、今後どのような取り組みをしていきたいと思いますか。

まだ考えていません。というよりももう少しこちらで頑張りたいと思っています。 でももし帰らなければいけなくなってしまったら他の国にまた留学したり、とにかく英語の勉強は続けていきたいです。

Q:ワーホリ、留学を振り返っての感想を聞かせて下さい。

宇田川 友花 さん語学面だけでなく、たくさんのことを学べたと思います。カナダに来る前は同い年の人としか絶対仲良くなれたいと思っていましたが、違った出身地、職歴、学歴、価値観の人と出会い、今までの考え方より視野が広がったと思います。年上の人からだけでなく、年下の子から学ぶこともありました。また、バンクーバーはベジタリアンレストランが多く、日本にいた時からお肉は口にしていなかったのですが、今ではベジタリアンになってしまいました。肉を食べない=動物を大切にする=動物実験反対なども考え方も変わりました。私の場合、少し神経質かもしれないですが・・・。

Q:弊社のサポートに関しての感想を聞かせてください。

アポイント無しでも、行けば相談にのってくれたので助かりました。私はパソコンを持っていないのでビザの申請など全てお世話になりました。

Q:今後留学される方に対して、何かアドバイスがありましたらお願いします。

宇田川 友花 さん英語を話せなくても何とかなる!と思いながら来る人もいるようですが、英語の勉強は絶対にしておくべきです!学校の中でも困るし、仕事を探すのならさらに必要だと思います。こちらは移民も多く完璧に話せない人になれているので完璧に話さなきゃとは思わず、楽しみながら勉強していくのがよいと思います。無言過ぎたり、シャイ過ぎるときっと素敵な出会い(男女関係なく)も逃がしてしまうと思うので。これは自分への課題でもありますが・・・。

田中 あや さん

田中 あや さん

語学留学
語学学校:VIC

Q:カナダに来た時の第一印象を教えてください。

自然が多い。アジア系の人が多い。

Q:どちらの語学学校へ通われていましたか。またどれくらいの期間、通われていましたか。(受講されていたコースや学校、授業に関しての感想も聞かせて下さい)

Vancouver International Collegeに3ヶ月
スピーキング重視の学校だった。午前中は文法などの基礎を中心に勉強し、午後は自分の好きな授業を選択できた。午後の授業は応用中心。

Q:専門学校に関して教えてください。

1.学校名、コース名、受講期間
Canadian Tourism College、Tourism Course 3ヶ月、Hospitality Course 3ヶ月
2.なぜ専門学校に通われたのか
旅行関係、ホテル関係に興味があり、将来それらに関する仕事に就きたいと思っていたから。

Q:専門学校での授業の様子を教えてください。(1日のスケジュールなども含め)

どちらのコースも週3日で、Tourismは水(8:30-12:30)、木・金は(8:30-17:00)
Hospitalityのコースは月・水・金(8:30-16:30)
約20~30人くらいのクラスでパワーポイントのスライドや先生の説明が中心の授業だった。

Q:学校に通っていて大変だった事はどのようなことですか。

課題が多かったり、テスト範囲が広いこと。慣れるまでは専門的な単語がわからなかったり、先生やクラスメートの話すスピードが速くてついていくのが大変だった。

Q:留学を振り返っての感想を聞かせてください。

10ヶ月でも短い!! 英語に慣れるにつれて、もっともっと話したいと言う気持ちになった。 色々な経験ができ、留学に来て200%良かったと思える。 留学して他の国の人と接するようになって、日本がもっと大好きになったし、両親に感謝の気持ちが強くなった。

Q:日本帰国後の予定は決まっていますか?また今回の留学を経て、今後どのような取り組みをしていきたいと思いますか?

大学が2年間残っているので英語を使ったバイトをしたい。旅行会社や空港のグラウンドスタッフに興味があるので、卒業後はそういう仕事に就きたい。何年か日本でお金をためて、それでも英語をもっと学びたかったら、今度は自分のお金でワーホリビザを取り戻ってきたい!!

Q:弊社のサポートに関しての感想を聞かせてください。

現地サポートオフィスの人たちは、とても優しく気軽に頼ることができた。

Q:今後留学される方に対して、何かアドバイスがありましたらお願いします。

“どうして留学したいのか” がはっきりしていれば、留学はとても楽しく充実したものになると思う!!